・年長児「難関校総合クラス」の講習をご紹介

毎週土曜日は年長児難関校受験総合クラスの講習があります。
このクラスは、ペーパー難関校と呼ばれる小学校に合格するための学力を身につけさせます。講習内におこなうペーパーは「思考力」が問われる問題を多く出題し、しっかりと指示を聞き、考えなければ解けない問題を毎回学習していきます。
4月の講習で『等分に分ける』問題として、ピザを2人、3人、4人、6人で同じ量に分ける線を書き込むことにチャレンジしました。2人、4人は簡単に解けましたが、3人、6人に分けるはとっても悩みましたね。自分で考えて試行錯誤することが、自信につながり、入試で初めてみる問題にも対応することができます。ペーパーだけで考えるのではなく、日常生活の中で等分する経験を多く積みましょう。回転図形の問題はマス目を増やし、△や線などを多く入れて難度を上げました。回転後を考えるのはどのお子さまも素早く解けています。回転前の見え方を考えるのはもう少し!理解するまでに少し時間がかかりましたね。まだまだ問題は難しくなりますので、ご家庭でもしっかりと復習しておきましょう。
最後に共同制作でこいのぼりを作りました。「うろこ」が特徴で、○△□の形で異なる色の折り紙を3枚貼り合わせ、こいのぼりに貼ります。その際、となり同志に同じ色が来ないことが約束です。どこに貼ればよいのか、声掛けをしながら取り組んだので、ミスなく指示を守ったカラフルなこいのぼりが出来上がりました。

ゴールデンウイークも近づいてきましたね。ご家庭でもお子さまの作ったこいのぼりを飾ったり、身体を動かして体力づくりに励んだり、有意義なお休みをお過ごしください。

 

2019年04月21日