・年中国立クラスも頑張っています。

表参道青山教育研究所では、毎週水曜日と土曜日に年中国立小対策クラスを開講しています。通い始めた頃は緊張していたお友だちも多かったですが、2ヶ月が経ち、挨拶する声が大きくなるなど少しずつお兄さん・お姉さんらしくなってきたように感じます。
今月の講習内容の「いろいろな比較」では、2つのものを比べて、どちらが「重い」か、バネばかりを使って実験しました。大きな赤いボール(プラスチック製)と小さなリンゴ(石製)を量って、どちらが重いのかをみんなで予想します。「大きいからボール!」「見た目が固そうだからリンゴ!」「色が赤いからボールのほうが重いよ!」など思い思いの意見が飛び交いました。実際にバネばかりで量ってみると、「えっ!?」と驚いた声。大きなボールよりも小さなリンゴが重い結果になりました。見た目の大きさに騙されず、バネが伸びて長くなるほど重くなることがわかりましたね。年中児のうちにバネばかりについて理解しておくと、年長児での重さ比べの学習がスムーズになります。この時期に小学校受験の基礎を身につけておきましょう。

実侑先生より

2019年05月21日