・いよいよ都内私立小入試!みんな頑張れ!

いよいよ都内の小学校入試も11月1日から本格的にスタートします。 事前面接を行う学校もあるので、実際にはすでに始まっていますね。自信をもって臨んでください。しっかり頑張ってきたといえども、受験生はまだ5歳、6歳です。精神的なことで、力が出なかったり、逆に良い緊張感の中で実力以上のものが発揮できたりもします。それを最後にコントロールできるのは、お父さま、お母さまです。親の腕の見せ所と思って試験当日までをお過ごしください。

さて、国立受験生も筑波・学芸各校の出願、竹早の抽選が終わり、受験校にむけてエンジンをかけていく頃だと思います。そろそろ気になるのが受験の日の服装。国立の場合、ほとんどの学校でそのままの服装での運動がある関係で、動きやすい服装なおかつ私立受験生と似た色、結果、白のポロシャツ、紺の半ズボン(男児)、キュロットスカート(女児)という格好が多数を占めます。新しく買おうという方はそろそろ準備をされるとよいでしょう。 国立受験準備の第一歩は11月4日の国立模試からです。このテストで国立入試の実際のレベルを知り、どこが足りていてどこが不足しているかをしっかりと把握、適切な準備を効率よく進めていただきたいと思います。国立入試はまだ先、あせらずに取り組みましょう。

入試当日が近づけば近づくほど、お母さまやお父さまはもちろん、お子さまも心が不安定になりがちです。この時期こそ、お子さまの笑顔で参加できる授業を行うことを大切にしたいと思っております。私ども職員一同、志望園・志望校合格に向けてのお手伝いをさせていただきます。

2019年10月22日