・幼稚園の試験内容

 

◎まずは一般的な幼稚園の試験内容をご紹介します。

①『親子遊び』…用意された遊具を使って親子で一緒に遊び、親子の関わりを見られます。

②『親と離れられるか』…子どもだけでも楽しく活動できるかを見られます。
            また、数・色・名称確認などのチェックもおこなわれます。

③『面接』…親以外の人と話せるかや落ち着いて座っていられるかなどを見られます。親は、志望理由・子どもの長所や短所などの質問に答えます。



◎先の内容以外にも、有名幼稚園では、下記のような面白い内容も出題されます。


・ミカンの皮剥き

・ゆで卵のから剥き

・お皿にのせたケーキを運ぶ


ミカンの皮をむくということは、その後の皮の処理やミカンの汁で濡れた手をどうするのかなど、園の先生は色々チェックできますよね。

ケーキ運びは、バランス力と集中力を確認することができますよね。

 


◎最後に、青山学院幼稚園の入園試験をご紹介します。

試験内容のほとんどが親子遊びです。その中で、普段の言葉づかい、遊具を一人占めしないか、落ち着いて遊べるかなどをじっくり見られます。

どの様な場面でも自分の子どもの様子をしっかり把握することはもちろん、周囲の親子の様子を観察することも大切です。どこで遊べばうまく

取り組めるか、どんな声掛けをすれば落ち着いて活動できるのか、腕の見せ所ですね。それは普段からお子さまと真剣に遊ぶことが大切です。

幼稚園によって試験内容は異なりますが、普段の生活の延長上に試験があると考えて毎日をお過ごしください。

2018年05月05日