・慶應/青山専科プレ体験報告


12月13日に慶應専科と青山初等部専科のプレ体験を実施いたしました。
慶應専科は慶應2校の2020年入試出題内容に沿って、「絵画・制作」「体操・指示行動」を行いました。制作・絵画は男子の試験内容のメダル作りとそれに関連する絵画に挑戦しました。ここでは人物画の描き方と指示制作で大切な説明を集中して聞き、1度で手順を理解する方法を指導しました。運動はもちろんサーキットの練習です。11月の考査で実際に行われた慶應横浜の内容をおこないました。ボールの的あてや目を引くような機敏性ある動きは1月からたくさん練習していきましょう。また、幼稚舎の試験で実施されたジャンケンゲームでは、素早く活動を切り替えることや楽しさの中でのけじめのつけかたやルールを守る大切さを教えました。1月から10カ月、合格を目指して一緒に頑張りましょう!!

青山初等部専科では、A考査・B考査のために3つの項目を行いました。
1.個別審査(ペーパーを含む)
2.制作
3.運動・行動観察
個別審査は青山学院初等部の考査の特徴的なものです。1対1で図形や言語、常識などを確認されます。今回は、工夫力と並行して2020年入試で出題されたペーパー形式の問題に挑戦しました。制作は紙皿を使って動物の顔を作りました。立体的にする方法や材料を組み合わせるポイントを学びました。最後の運動はリレーです。ルールを守ってバトンを渡すことに悪戦苦闘していましたね。これからたくさん練習していきましょう。


保護者の方には、それぞれの昨年の入試情報、合格人数の発表。専科の講習システムやカリキュラムについてお話させていただきました。小さな教室ですが、専科からの青山学院初等部、そして慶應義塾幼稚舎・慶應義塾横浜初等部の合格率は高く、新年長さんもこれに続いてたくさんの方に合格していただきたいと思います。
お考えの方は、1月からの講習で体験することができます。ぜひ楽しい専科の講習を体験ください。 

2020年12月13日