・小学校受験での面接対策

面接でよく質問されることをまとめました。
目的は模範解答を用意することではありません。
面接の場で堂々と答えられるよう、今から実践することが大切です。
 
 
○志望理由
・どうしてこの学校を選ばれたのですか?
・私立の学校を選ばれた理由をお聞かせ下さい。
・この学校をどのようにしてお知りになりましたか?
・学校に望まれる事は何ですか?
・入学後、お子さんをどのように伸ばしてほしいと思っておられますか?
 
ポイントは家庭の教育方針と外れないことにつきます。
耳障りのよい言葉でまとめるのではなく、家庭の方針と学校の方針のここが同じという点をしっかり伝えることです。
 
 
○教育方針
・ご家庭の教育方針をお聞かせ下さい。
・「叱る」という事についてどのようなお考えをお持ちでしょうか?
・他の家庭にはないと誇れる点はどんなところですか?
・受験に対してどの様な準備をして来られましたか?
・おけいこはどんな事をされておられますか?
・塾へは行かれていますか?
 
教育方針についてはできるだけ、短い文章で答えられるようにしておきましょう。
大切なのはご両親の考えが一致していること。今のうちにご夫婦で「我が家の教育方針」についてまとめておくとよいでしょう。
そして、全ての質問に対して、教育方針にそって答えるよう努力すると、まとまったよい面接となるでしょう。
 

 
 
○第一志望か否か
・この学校を何回ぐらい見学されましたか?その印象は?
・この園(学校)に兄弟又は知人はいますか?
・兄姉と違う学校になりますが、その点は?
・受験に際しての説明会には来られましたか?また、印象は如何でしたか?
・通園(通学)経路をお聞かせ下さい。
・通学方法と所要時間をお聞かせ下さい。
 
いわゆる有名ブランド校を除いては、合格を出しても来てくれない家庭では困りますから、これらの質問が多くなります。
特に父親に対して聞かれることが多い項目です。
お父さまが複数回足を運んでくださるなら、本気で候補にしている学校ということになります。
お父さまの本気度を知れば学校も安心するのです。
 
 
○子どもに関すること
・お子さんはどんなお子さんですか?
・兄弟の性格の違いについて。
・お子さんは一人っ子ですか?
・お父さんはお休みの日はどういう風に子どもさんと関わっていますか?
・ご家庭ではどんなお手伝いをさせていらっしゃいますか?
・決めているお手伝いはありますか?
・お子さんがいじめにあったら、どう対処しますか?
・お子さんが学校から泣いて帰ってきたらどうしますか?
・お子さんの長所と短所をお聞かせ下さい。
・お子さんを育てていらっしゃる上で気をつけておられる事は何ですか?
・生活面で気をつけておられる事はなんですか?
・子どもが最近した事で嬉しかった事は何ですか?
・親子で考え方の食い違いがあった時はどうしますか?
・一つだけお子さんに残すとしたら何を残しますか?
・おやつはどんなものを与えていますか?
・家族の中で規則があれば言って下さい。
・躾で何かお困りの点はありませんか?
・わがままをいったらどうしますか?
・お子さんが言う事を聞かない時どの様に対処されていますか?
・食事に関して気をつけておられる事は何ですか?
・お子さんがお友達とトラブルを起こした時はどの様に対処されますか?
・(お父さんに)お子さんの友達の名前を言ってください。
・お子さんの健康状態について。
・お子さんは自分の事は一人で出来ますか?
・日常お子さんとどのように遊びますか?
 
お子さんに関することですから、基本は正直に答えればよいのですが、前述のとおり教育方針から逸脱しないようにすることが大切です。
言い方を変えれば、教育方針にそった子育てを実践していればこわくないということになります。
 
 
○両親の仕事、考え方について
・お仕事と職場についてお聞かせ下さい。
・お仕事上のモットーをお聞かせ下さい。
・仕事を通じてお子さんに伝えたい事をお話下さい。
・社会情勢についてお父さんのお考えをお聞かせ下さい。
・最近の若者に対してどの様に思われますか?
・ご両親の出身校をお聞かせ下さい。
・(お父さんに)お母さんに点数をつけるとしたら何点ですか?
 
中学受験や高校受験と異なり、受験生同様に両親もしっかり見られるのが小学校入試です。
となれば、両親の考え、教養、家族のまとまりなどもチェックされることになります。
この項目については過去の質問例がおおいに参考になるはずです。

 

2018年07月17日