・お家で挑戦!口頭試問練習

せっかくのGWですが、今は我慢してステイホームを徹底しましょう。今回は、お家でできる口頭試問のやり方と例文を記載します。ポイントを押さえてぜひご家庭でチャレンジしてみてください。

ポイント①姿勢
口頭試問中に洋服を触ったり、ふらふらしたりするお友だちも多くいます。目線は話す相手を見て、指先に力を入れて、気をつけの姿勢で話しましょう。

ポイント②声の大きさ
お話をする時の第一声が小さい、終わり(語尾)が小さいと内容が聞き取りにくいので、先生とお話しする時は、その先生の後ろまで聞こえるくらいの大きさで話しましょう。

ポイント③言葉遣い
お話の最後に「です」・「ます」をつけると小学生らしくなります。忘れずにつけるようにしましょう。

ポイント④返答スピード
先生から質問をされた時、考えすぎて答えるまでに時間がかかると「考えてきてね。」と言われて口頭試問が終わってしまうことがあります。どの様な質問をされてもすぐに答えられるように練習しましょう。

口頭試問の対策としてまずはこの4つのポイントに気をつけてお話の練習をお家でしてみましょう。お家でたくさん練習をして、教室に来た時に、お話がしっかりできるようになった姿を見られることを先生たちはとても楽しみにしています。

過去に出題された質問項目をいくつかご紹介しますので、ご家庭で挑戦してみましょう。

◆国立小
・どんな本が好きですか。どのような時に読んでもらいますか。(お茶の水)
・好きなものと嫌いなものは何ですか。(大泉)
・好きな季節を教えてください。(小金井)
・朝ごはんは何を食べましたか。(世田谷)
・今日は誰とどうやってこの学校まできましたか。(竹早)
・好きなお友だちの名前を2人教えてください。(筑波)


◆私立小
・幼稚園・保育園までいつもどうやっていきますか。(青山学院)
・けんかするときはありますか。仲直りはどうやってしますか。(早稲田)
・育てている植物や飼っている生き物はいますか。(白百合学園)
・雨の日は何をしますか。(成城学園)
・お勉強はどこでしていますか。(東京女学館)
・お父さんやお母さんに似合う色は何色ですか。それはどうしてですか。(洗足学園)
・お弁当を持ってお出かけしたことはありますか。誰とどこに出かけましたか。(雙葉)
・お母さんの作るお弁当では何が好きですか。(立教女学院)

慶應義塾幼稚舎・横浜初等部では制作・絵画中に質問(作っているものに対して)をされます。受験予定の方は、ご家庭で絵画や制作を行っている時に質問をしてあげると実践的な練習になります。

 

2020年05月03日