・年長児青山初等部専科の講習紹介

青山初等部専科では、毎回の講習で個別審査対策を実施しています。今回はお話の記憶と工夫力を確かめました。お話の記憶では、短いお話をICレコーダーで聞き、口頭で質問に答えます。言葉遣いももちろんですが、お話を聞くときや答えるときの姿勢にも注意しましょう。また、自分から挨拶をしたり、名前を呼ばれたときの返事も元気よくできるといいですね。工夫力は、筒に通されたリングを手で触らずに道具を使って時間内に取る課題です。使用することができる道具は、トングや菜箸、靴ベラ、ホース、ハエたたき、お玉、鉛筆などです。時間も限られているので、取るのが簡単な道具からどんどん使っていきましょう。また、使う道具に悩んだり、1つの道具にずっとこだわり続けていると時間がなくなってしまうので「わからなかったらとにかく挑戦してみること」と「できなかったら他の道具に切り替えること」を意識していきましょう。
また、お子さまだけでなく、保護者の方へのサポートとして願書添削・父母面接の練習も実施しています。
すでに会員の方の願書の添削を開始していますので、ご希望の方は担当者までご提出ください。また7月中には、お子さまが講習を受講している間に父母面接の練習を行います。願書の下書きや以前お渡しした父母面接の資料などをご確認していただき、ご家庭で面接のときに返答する内容をまとめて臨むと良いでしょう。

2020年06月28日