【小学部】~子どもの良い所をたくさんほめましょう~

日本と海外では、自分の子どもを褒め方にも違いがあるようです。例えば海外の場合は、自分の子どもを人前でたくさん褒め、それを聞いている子は嬉しそうに話を聞くそうです。一方、日本の場合は、相手の子どもと自分の子を比べて、相手の子を褒めて、自分の子どもはまだまだ……と会話をする傾向もあるみたいですね。相手に自分の子どもを褒められたとしても、「いえいえ、今だけです。」とか「そんなことないですよ。これもできない、あれもいつも叱ってます。」というフレーズもついつい口にしてしまいますよね。それを聞いている子は少なくとも嬉しい気持ちにはなれないでしょう。

人前で自分の子を褒めるのは……と言う方は、まずはお子さまの良い所を見つけてそれを本人に言葉で伝えてみてください。「宿題は絶対にやる子」「忘れ物をしない」「皆勤賞」なんでも構いません。我が子は素晴らしい一面があるんだという気持ちがどんどん膨らむはずです。褒めるときは、少しオーバーに伝えることも大切です。「ちゃんと見直ししたから○○の問題で、間違えを見つけられたね。偉い。」「いつも言われなくても○○のお手伝いをしてくれるよね。これってすごいことだよ。大人でも言われないとやれない人だっているんだ。それについては大人よりも勝っているね。」などと伝える言葉を工夫して伝えてみてください。きっとお子さまの自信につながり、自己肯定感も高まることでしょう。