【小学生問題】~夏休み前の先生からの挑戦状(2年生向け)~

先生が「面白い」と思った問題を更新していきます。中には、大人でも頭を悩ませるものもありますが、小学生でもよく考えれば解ける問題です。保護者もお子さまと一緒に考えてみましょう!親子で考えることの楽しさを味わいながら取り組むことでお子さまの学習意欲もきっと向上するはずです。

今回から数回にわたり、小学部の夏期講習で実施する内容(抜粋)を掲載していきます。該当学年の子はぜひ挑戦してみてください。※該当学年より上の学年ならきっと解けるはずですよね?親子で一緒に考えてみてください。


国語問題(小学2年生)

つぎの 文で、かなづかいの 正しい ほうを えらんでみましょう。

❶ ア とおくまで あるく。    イ とうくまで あるく

❷ ア かんずめを あける。    イ かんづめを あける

❸ ア はなじ 出る。      イ はなぢ 出る。

❹ ア ひこおきが とんでいく。  イ ひこうき とんでいく。

❺ ア ちずを かく。       イ ちづ かく。

➏ ア コーヒーじゃわんで のむ。   イ コーヒーぢゃわんで のむ。

※意外と忘れている仮名遣い!改めて正しいかなづかいを確認しておきましょう。


国語問題(小学2年生)

つぎの        のことばを、それぞれ1つずつ つかって、ぶんをつくりましょう。※    のことばは つかわないものも あります。  

  • まさか
  • もし
  • ちょうど
  • あめは ふらないだろう。
  • まける ことは ないだろう。
  • 友だちが きたら ゲームを しよう。
  • コップを さかさに したような かたちです。
  • しょくじの したくを はじめよう。

※呼応の副詞は中学受験でも出題されています。決まった言い回しを覚えておきましょう。


算数問題(小学2年生)

道に そって 1m20cmおきに 木が 5本 うえて あります。はしの 木から はしの 木までの 間の 長さは 何m何cmに なりますか。

※2年生に向けて……式は1m20cm×5……?実際に絵でかいて考えると分かりますよ。算数は図をかいて整理することが大切です。

4年生以上に向けて…植木算の問題は中学受験でも出題されています。公式に当てはめたら簡単にとけるはずですよ。


算数問題(小学2年生)

20Lの 水が 入って いる 水そうから 5L8dLの 水を 水そうに もどしました。水そうには どれだけの 水が のこっていますか。

※水かさの問題です。1Lは何dLかを思い出しましょう。


難問算数問題(小学2年生)

つぎの □に あてはまる 数を 答えましょう。

(1)2時間35分+□時間□分=4時間23分

(2)5時間12分-□時間□分=1時間44分

(3)1日2時間-□時間=18時間

※時間の計算は単位を揃えてあげるとときやすいですよ。